ティアスタイル的泣けるマンガ「四月は君の嘘」

スポンサーリンク

※この記事は約 3 分で読めます。

今回紹介するのは「四月は君の嘘」。

後悔から立ち上がる姿に感動すると評判です。

『四月は君の嘘』(しがつはきみのうそ)は、新川直司による日本の漫画作品。『月刊少年マガジン』(講談社)にて2011年5月号から2015年3月号まで連載された[1][2]。略称は君嘘(きみうそ)。単行本は全11巻。2012年度マンガ大賞ノミネート。2013年、講談社漫画賞少年部門受賞。2014年 – 2015年にテレビアニメ化。2016年に実写映画化予定。

あらすじ

マンガ表紙

マンガ表紙

かつて指導者であった母から厳しい指導を受け、

正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝し、

「ヒューマンメトロノーム」とも揶揄された神童有馬公生は、

母の死をきっかけに、ピアノの音が聞こえなくなり、コンクールからも遠ざかってしまう。

それから3年後の4月。14歳になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、

満開の桜の下で同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと知り合う。

ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ個性的な演奏を聞き、

有馬 公生

有馬 公生

母の死以来、モノトーンに見えていた公生の世界がカラフルに色付き始める。

かをりは、好意を寄せる渡亮太との仲を椿に取り持ってもらい、

渡と椿の幼なじみのである公生とも行動を共にするようになる。

公生はかをりに好意を抱くようになるが、親友である渡に気を遣って想いを伝えない。

椿は公生のかをりへの恋心に気付き、また自身に芽生えた公生への恋心にも気付き苦悩する。

かをりは、公生のことを友人Aと呼び、ぞんざいに扱いつつも、

自分の伴奏を命じるなど、公生を再び音楽の世界に連れ戻そうとする。

また、かつて公生の演奏に衝撃を受けピアニストを目指すようになった

ライバルの相座武士や井川絵見にも背中を押され、公生は再び音楽の道に戻っていく。

みんなの声

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天