ジャニーズ事務所がYouTube公式チャンネルを開設でネット参戦!?

スポンサーリンク

※この記事は約 4 分で読めます。

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所がネット解禁!?

ジャニーズ事務所というとこれまで「肖像権の管理がきっちりしている」で有名で
顔写真などをいろんなメディア媒体で使用することを禁止していました。

ジャニーズ事務所所属のタレントが出演してるドラマの広告や雑誌の特集などで
その人だけ体がシルエットのみになってるのを見かけたことがありませんか?
あれがジャニーズ事務所による肖像権ブロックです(笑)

そんなジャニーズ事務所がなんとネットでのメディア露出に
積極的になってじわじわといろんな動きを見せてきてます。

スマホの普及で情報がSNSでたくさん共有されるようになった時代性に合わせて
ジャニーズ事務所もついに重い腰を上げたって感じですね(笑)

ジャニーズファンの間でも特にざわざわと話題になっていたのは
「ネット写真解禁」と「YouTube公式チャンネルの開設」です。

というわけで今回はジャニーズ事務所のネット解禁について紹介していきます。

ジャニーズ事務所が規制を緩めてきた

ネット写真解禁

2018年1月31日にジャニーズ所属タレントのネット上での写真公開が正式に解禁!

正確に言うと
「記者会見、囲み取材、舞台挨拶などのタレント登壇時の写真の
webニュースサイトでの使用が解禁」です。

写真は原則3カットまでなどいくつか条件があるんですけど
2018年1月31日に関ジャニの錦戸亮が主演した「羊の木」の記者会見から
はじめて解禁ということになりました。

さらに2018年2月12日には
「事務所や製作者側から配信される写真に限って
ドラマや映画出演発表の際にも使用可能」と使用許可範囲が緩和されることに。

このネット写真解禁を受けてジャニーズファンの間で
「もっと早く解禁していれば○○にならずにすんだのに……」の大喜利が
SNS上で盛り上がって話題になりました。

どれも絶対に肖像権を守り切る!っていう意志が
強く伝わってくるのに比例してものすごく不自然になっていて面白いですよね。
違和感がないように努力してもどうしても無理が出てしまってちょっと切ない(笑)

YouTube公式チャンネルの開設

ジャニーズ事務所初のYouTube公式チャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」
2018年3月21日に本格始動!

「ジャニーズJr.」はジャニーズ事務所に所属するタレントのうち、
公式サイトで単独ページを持たない人やCDデビューしていない人に対しての総称で
まだ知名度はないけどこれからの期待っていう人たち枠ってことです。

ジャニーズJr.チャンネル

ジャニーズJr.のHiHi Jets、東京B少年、SixTONES、Snow Man、Travis Japanが
各曜日を担当して視聴数を競う形で盛り上げていきます。
※ほぼ毎日午後8時から動画が配信される予定

曜日 担当グループ
月・火曜 グループの垣根を越えた特別企画
水曜 Snow Man
木曜 Travis Japan
金曜 SixTONES
土曜 東京B少年
日曜 HiHi Jet

それぞれの特性を生かした動画が配信され、
ファンはメンバーの垣間見える素や、コメント欄に衝撃を受けているみたいです。

ある動画では出演メンバーが私服姿にノーメイクで自然体だったので
「私服が見られるの最高」「ファンにはうれしい企画だね」などなど
オフの一面が垣間見られることに喜んでます。

逆に動画のコメントに「この顔でジャニーズ…」とネガティブなものがあったりして
コメント欄は封鎖した方がいい、アンチの思うツボなど心配の声も上がってます。

ネットリテラシーの問題はジャニーズ所属のタレントだけじゃなく
ファンにもこれからどんどん求められていきそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天