【梅雨対策】耐水圧?透過性ってなに?レディース用のおしゃれなレインウェア「KiU」

スポンサーリンク

※この記事は約 6 分で読めます。

スポンサーリンク

雨の日のおしゃれ

梅雨の時期は髪の毛が上手くまとまらなかったり頭痛に悩まされたり
色々な不都合なことが起こるのでブルーになりがちですけど
シンプルに雨が降ると外出が億劫になるので困りますよね(笑)

雨の日は濡れても問題ないような格好を選ぶので
見た目も気分もどこか後ろ向きになってしまったり・・・

そこで大事になってくるのは雨の日のおしゃれだと思います。

雨の日だからこそおしゃれしよう!っていう風に気持ちが向け
ば気分だけは晴れますし雨の日の苦手意識が薄れていくと思います。

なので今回はレディース用のおしゃれなレインウェアについて紹介します。

その前に押さえておくべきことがあるので
ちょっとレインウェアアについて語らせてください(笑)

レインウェアに関してはレインウェア自体がおしゃれなものと
普段のおしゃれ着が塗れないように完全防備するレインウェアで、

①見た目がおしゃれなレインウェア
②防水性抜群のレインウェア

つまり上のような感じで2つに分けられます。

ちょっと外出するだけなら①がおすすめですし
自転車やバイク、あるいは雨量が多い日の外出には②が必須です。

なので自分がどういう状況の雨の日にレインウェアを使うかで
選んでいった方がいいです。理想なのは①と②の両方持っていくのが確実ですね(笑)

レインウェアを選ぶ前に知っておいた方がいいこと

まずレイングッズ、特にレインウェアを選ぶときには
「耐水圧」「透湿圧」をチェックするのがすごく大事です。

耐水圧ってなに?

耐水圧について
生地にしみこもうとする水の力を抑える性能数値。
レインウェアの生地がどれくらいの水圧に耐えられるのか、その防水性を表す数値です。

耐水性の基準は、例えば耐水圧20,000mmの場合だと
生地の上に1cm四方の柱を立てその柱の中に水を入れて20,000mm(20m)までの高さに
入れた水の水圧に耐えられるということです(JIS規格)

例えが正直あんまりピンとこないので
もっとわかりやすい目安を紹介すると、

◆耐水圧の基準

傘の耐水圧:250mmくらい
小雨:300mm
中雨:2,000mm
大雨:10,000mm
嵐:20,000mm

体重75kgの人が濡れた場所に座った時の圧力:約2,000mm
濡れた場所へ膝まずいている時の圧力:約11,000mm

レインウェアを購入する場合は耐水圧が5,000mmくらいあるものがおすすめ。
ひどい大雨でなければしっかりと防水してくれます。

もっと本格的に雨風をしのぎたい人、
例えばキャンプやゴルフなど雨風が強い状況の時は耐水圧が10,000mm以上、
登山など嵐に備えるなら耐水圧が20,000mm以上必要です。

そして耐水圧のほかにもう一つ重要なのが透湿性です。

透湿性ってなに?

透湿性について
生地1㎡あたり、24時間で何gの水分を透過したか(外に出す)を示した数値。
衣服内の水滴にならない蒸気状態の汗を生地が透過させる(外に出す)度合いを表します。

透湿性の基準は、例えば透湿度20,000g/㎡/24hであれば
1日(24h)で1平方メートルあたり20,000g(20kg)の水蒸気の汗を
透過する(外に出す)能力があるということです。

これも例えがいまいちわからないので
もっとわかりやすい目安を紹介すると、

◆発汗量の目安
※季節や体質で数値が異なります

大人の場合
安静時:1時間あたり約50g
軽い運動:1時間あたり約500g
ランニング等の激しい運動:1時間あたり約1,000g

レインウェアを購入する場合はそんなに長くレインウェアを着ない人は
透湿性をそんなに気にしなくてもいいかもしれませんが
長時間着用する場合は透湿性がしっかりしてる方が快適に過ごせます。

透湿性にこだわるなら最低でも5,000g以上、
レインウェアを着たままよく体を動かす場合は最低でも10,000g以上がおすすめ。

おすすめのレインウェアブランド「KiU」

大雨以下の雨量日に出かける場合、
耐水圧5,000mm以上、透湿性を気にするなら5,000g以上のレインウェアがおすすめです。

そこで紹介したいのがレインウェアブランド「KiU」

KiUは「自然」と向き合い、どんな天気でも
その場を楽しむことをモットーにレインに特化した
アウトドアグッズを展開するブランドです。

おしゃれでレインウェアとしての機能もしっかりしてるものって
実はあんまりないのでKiUは雨の日の救世主だと思います。

そんなKiUの中でもおすすめのレインウェアを紹介します。

KiU RAIN PONCHO

5,184円(税込)
柄は全20種類

耐水圧: 10,000mmH2O
透湿性:記載なし

KiUの定番オリジナルポンチョがさらに改良を重ねて新登場。
耐水圧は10,000mmH20にグレードアップし、収納袋のモデルチェンジや
フード周りの仕様改良で、快適性を追求しました。

KiUポンチョの特徴ともいえるフルジップ(全開前開き)は
バックパックを背負ったままでも着脱ができて非常に便利です。

袖めくり用ベルトを使えば半袖になり身軽に、
寒いときはサッと羽織ることでアウターとしても役に立ちます。

小物を入れておけるよう片側にポケットあり。
また今回よりフード部分がツバ付き・ハイネック仕様となり、
顔周りの防御性がアップ。

後頭部のドローコードを使えばジャストフィットでき、
視界の良好さを保てます。収納袋はスタッフサック仕様で
ざっくり畳んでも入れやすくなりました。
移動時はバッグのストラップ等に取り付けて携帯できます。

WOMEN’S RAIN JACKET

5,184円(税込)
全3色

耐水圧:10,000mmH2O
透湿性:5,000g/m²・24h

地は雨水を通さず体にまとった熱い空気を
外に逃がすため蒸れにくく快適な着心地を実現。

止水ファスナーを採用し縫い目にはシームテープを施すことで、
防水性も高く設計しています。 顔周りはフードのドローコードを使って調整可能。

RAIN ZIP UP

5,292円(税込)
全5色

耐水圧:5,000mmH2O
透湿性:記載なし

定番レインウェアのジップアップブルゾン。
長めの着丈は濡れたところにそのまま座ることが出来るように
レインシーンを十分に想定されたデザインです。

表面には撥水加工、裏面にはポリウレタンコーティング加工をすることで
防水効果を高めています。 止水ファスナーを採用し、
縫い目にはシームテープを施しています。

計3つのポケットが付いており、小物を入れておくのに便利です。
袖幅調整用ベルト付き、背中にベンチレーション有り、
フルジップのファスナーはダブルジップとなっていて長時間の野外シーンでも
快適に過ごすことのできるよう設計されています。

4WAY STRETCH MULTI-FUNCTIONAL RAIN JACKET

9,936円(税込)
全3色

耐水圧:15,000mmH2O
透湿性:10,000g/m²・24h

生地は縦方向にも横方向にも伸びる4WAYストレッチ素材を使用。
ハイスペックな機能が充実しています。

前面はダブルファスナーのため動きやすく使えます。
バックとサイドにもファスナーが付いていてそれらを開くことでサイジングに
ゆとりが生まれ、バックパックを背負ったまま着用可能することができます。

フード部分は後部にあるドローコードでジャストフィットさせることができ
視界を守ります。収納袋はざっくり畳んでも入れやすいスタッフサック仕様。

スポンサーリンク
おすすめのアパレルショップ

おすすめの秋コーデ

秋冬は重ね着ができるのでファッションのバリエーションが増えますよね。

ただ、トレンドを取り入れながらおしゃれなコーデを考えるのが難しい…
バランスの取れた色の組み合わせというものがいまいちよくわからない…

そういう風に思っておしゃれに後ろ向きになる人も多いと思います。
ファッションはバランス感覚も大事なので
そこにハードルの高さを感じることもありますよね。

でも基本を押さえてさえいればおしゃれ度は一気に上がりますし
コーデも楽しくなります。

おしゃれの基本というのは「シンプルなアイテムをベースにする」です。

例えば柄もののシャツに柄もののスカートを合わせると
どっちも柄ものなのでバランスが悪いですよね。

シンプルとシンプルの組み合わせであればどっちも主張しすぎずに
ほど良いバランスが生まれます。

もちろん全身柄ものでもおしゃれな人はいますが
それは上級者向けでなかなか真似できることではありません。

あとは柄もののワンピースなどそれ一枚でコーデが成立するものは
小物でシンプルなものを選ぶとおしゃれ度が上がります。

だからこそベースはシンプルなアイテムで、
メリハリや強調したい時に柄もののアイテムをすこし取り入れるのがベストです。

「シンプルイズベスト」という言葉がありますが
本当にその通りでシンプルなアイテムは着回しがしやすくて
バランスの良いコーデが組みやすいんです。

だからまず今日はなにを着よう?と思ったら
シンプルなアイテムをベースにして考えていくのがおすすめです。

年を重ねていくと派手なものは自分に似合わないんじゃないかと
思うことも増えてきますよね。いくつになってもおしゃれを楽しむことは大事ですし
シンプルをベースに置けば派手なアイテムも違和感なく着こなすことができます。

秋のおすすめアイテム①

ゆったりとしたサイズ感のマキシ丈ワンピースです。
これ一枚でもおしゃれなシンプルコーデが成立します。

ピアスやネックレスなどのアクセサリーでインパクトのあるデザインを取り入れれば
目線誘導ができてナチュラルに強調することができます。

足元もスニーカーでも可愛いですしブーツやヒールも似合うので
まさにシンプルなアイテムがいかにコーデしやすいかが実感できるアイテムでもあります。

秋のおすすめアイテム②

5分袖トップス&7分丈のパンツのセットアップです。
ストライプと無地の組み合わせはバランス感覚バツグンの
シンプルな鉄板コーデなので都会的でモードなイメージを与えることができます。

この上からコートをさっと羽織るだけでも
おしゃれ度がぐっと上がりますしよっぽど奇抜なデザインでなければ
どんなアウターでも違和感なくコーディネートできると思います。

おすすめのアパレルネットショップ

紹介したアイテムはアパレルネットショップ「Tear Style」で購入できます。

「Tear Style」は年を重ねても上品さはもちろん
可愛らしさと遊び心を忘れない女性に向けたアパレルショップです

働いてるビジネスウーマンも育児に家事に頑張ってるママも
いつまでもきれいでおしゃれを楽しみたいという願いは同じはず。

カジュアルやフォーマルなどの垣根を超えた女性らしさを追求して
洗練されたファッションを取り入れています。

シンプルをベースにトレンドを意識しつつ
自分らしさもしっかり主張できるアイテムを求める人に特におすすめです。

ネットショップ「Tear Style」

スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天