【防水あり】レディースにもおすすめのサコッシュまとめ【5000円以下】

スポンサーリンク

※この記事は約 5 分で読めます。

スポンサーリンク

夏はサコッシュで身軽にオシャレする

すこし前からスポーツミックスを取り入れたファッションが流行りだして
デザインのおしゃれさはもちろん機能性も注目されるようになってきました。

サコッシュが流行りだしたのもそういう影響だと思いますし
実際にサコッシュを使ってみるとかなり便利なんですよね。

特に夏は露出も増えて開放的になるのでさらに身軽さが求められますし
フェスなどアウトドアが好きな人達には必須アイテムになってます。

なんといっても身軽でいられるのはかなり魅力です。
まだ持ってない人もサコッシュは1つでも持っておくのをおすすめします。

ということで今回はおすすめのサコッシュを紹介していきたいと思います。

これからの梅雨の季節にぴったりの防水サコッシュとかもあるので
要チェックですよー!

そもそもサコッシュってなに?

サコッシュはフランス語で「鞄」を意味する言葉で、
簡素な造りの小型のショルダーバッグの通称。

もともとは自転車のロードレースで水分補給などのための飲食物を
競技者に渡す目的で使われていたショルダーバッグを指していたが、
最近はおしゃれアイテムとしても一般に普及している。

おすすめのサコッシュまとめ

Kstream サコッシュ

¥1,780
全3色(グリーンオレンジ、グレーグリーン、ネイビーグレー)

Kstreamのサコッシュは登山やウォーキングなど幅広いジャンルで
活躍するので気軽に使うことが出来ます。

重さも軽く耐久性に優れていて、
ポケットが2箇所についているので使い分けが楽です。

ファスナー付きポケットには小さな小物や財布などが収納できるので、
出し入れもスムーズです。防水仕様なので雨の日でも気にすることなく使えます。

アライテント マップサコシュ

¥1,620
グレー

ライテントのサコッシュはコンパクトに纏められた仕上がりで、
通勤・通学にも便利です。ショルダーとしても使えるので楽に持ち歩くことが出来ます。
テントシートと同じ素材を使用しているので強度も十分しっかり。

小物やスマホ・財布など手軽に収納することが出来るので
ちょっとした外出にも役立ちます。ただし、あまり物を入れすぎてしまうと
使いにくくなる場合もあるので注意が必要。

グレゴリー サコッシュ

¥3,780
全4色(グレー、パープル、ブラック、ブルー/レッド)

グレゴリー・マウンテン・プロダクツは526年以上にわたり
品質、快適さ、機能性を追求し続け、アウトドアではもちろんのこと
街でも旅先でも使いアイテムを追求してます。

肩掛け用のナイロンコードは取り外しが可能。
いつでも身につけておきたい貴重品や
出し入れが多いものを入れておくのに便利です。

anello 2WAYサコッシュバッグ

¥2,052
全2色(ブラック、グレー)

さらりとした手触りのレトロ感溢れる杢調生地を使用し
シンプルに仕上げたシリーズ。

ショルダーを外せばバックインバッグやポーチとしても使える優秀アイテム。
背面にポケットが2つとペンホルダーが付いている仕様。
デイリーにもビジネスにもトラベルにも幅広く使えます。

BASE CONTROL サコッシュバッグ 2WAY

¥3,132
全3色(ブラック、ブラック星柄、ブラックスペース柄)

ースコントロールのクラシックロゴをプリントした2WAYサコッシュバッグ。
サコッシュバッグとしてはもちろんショルダーを外して
クラッチバッグとしても使えます。

ちょっとしたお出かけにも使い勝手がよいトレンド感ある小ぶりなサイズ
入れたものが見える便利な外側のメッシュポケットも嬉しい仕様。

便利な展開色の黒はもちろんブランドを代表するモチーフのひとつである
スターや星からインスピレーションを受けた宇宙柄も
スタイリングが軽くなる春夏に重宝すること間違いなし。

ちょっとした小旅行やフェスなどアウトドアシーンにも使いやすいアイテム。
男女問わずご使用頂けるアイテムですので、ユニセックスで活用できます。

CIAOPANIC TYPY ターポリン横型サコッシュ

¥2,700
全3色(グレー、ホワイト、ブラック)

頑丈なターポリンを使用したサコッシュバッグです。
素材の特徴として、汚れに強く軽いため、デイリーに活躍します。

シンプルなデザインで「荷物は少ないけど手ぶらではちょっと」という時に
最適なサイズ感です。またトレンド感の強い透け素材なので、
スタイリングがさびしくなりがちな春夏のコーディネートのアクセントにもおすすめ。

SPINNS ロゴテープサコッシュ

¥2,052
全4色(ピンク、ブルー、グレー、ブラック)

ちょっとしたお出掛けに便利なサコッシュバッグ。
調節可能なショルダーはサコッシュ/ボディバッグのように
斜めがけで両手が自由に使えるのが人気のポイント。

トレンドのロゴテープデザインがカジュアル、ストリートにも
合わせやすいアイテム。内ポケットは、小物の収納に便利です。

コンバース タイベックワンロゴ サコッシュショルダー

¥3,132
全4色(ブラック、ピンク、イエロー、ブルー)

CONVERSEのスター柄を大きくプリントしたサコッシュバッグ。
タイベックのシワ感のある素材にロゴデザインが可愛いです。

すっきりとした収納で、スマートフォンや、コインケースなどが収まるサイズ感。
サブバックとしても使用もおすすめです。

また、ショルダーストラップは取り外しが可能なので
インナーバッグとしても活躍します。

MILKFED. CANVAS SACOCHE ICING

¥2,700
全3色(ホワイト、ブラック、レッド)

通常のサコッシュよりも少し大きめで
普段使いに丁度いいサイズのサコッシュバッグ。

荷物が多くて普通のサコッシュのサイズ感では心許ない人におすすめ。
シンプルなデザインでどんなファッションにも合わせやすいのも魅力。

スポンサーリンク
おすすめのアパレルショップ

おすすめの秋コーデ

秋冬は重ね着ができるのでファッションのバリエーションが増えますよね。

ただ、トレンドを取り入れながらおしゃれなコーデを考えるのが難しい…
バランスの取れた色の組み合わせというものがいまいちよくわからない…

そういう風に思っておしゃれに後ろ向きになる人も多いと思います。
ファッションはバランス感覚も大事なので
そこにハードルの高さを感じることもありますよね。

でも基本を押さえてさえいればおしゃれ度は一気に上がりますし
コーデも楽しくなります。

おしゃれの基本というのは「シンプルなアイテムをベースにする」です。

例えば柄もののシャツに柄もののスカートを合わせると
どっちも柄ものなのでバランスが悪いですよね。

シンプルとシンプルの組み合わせであればどっちも主張しすぎずに
ほど良いバランスが生まれます。

もちろん全身柄ものでもおしゃれな人はいますが
それは上級者向けでなかなか真似できることではありません。

あとは柄もののワンピースなどそれ一枚でコーデが成立するものは
小物でシンプルなものを選ぶとおしゃれ度が上がります。

だからこそベースはシンプルなアイテムで、
メリハリや強調したい時に柄もののアイテムをすこし取り入れるのがベストです。

「シンプルイズベスト」という言葉がありますが
本当にその通りでシンプルなアイテムは着回しがしやすくて
バランスの良いコーデが組みやすいんです。

だからまず今日はなにを着よう?と思ったら
シンプルなアイテムをベースにして考えていくのがおすすめです。

年を重ねていくと派手なものは自分に似合わないんじゃないかと
思うことも増えてきますよね。いくつになってもおしゃれを楽しむことは大事ですし
シンプルをベースに置けば派手なアイテムも違和感なく着こなすことができます。

秋のおすすめアイテム①

ゆったりとしたサイズ感のマキシ丈ワンピースです。
これ一枚でもおしゃれなシンプルコーデが成立します。

ピアスやネックレスなどのアクセサリーでインパクトのあるデザインを取り入れれば
目線誘導ができてナチュラルに強調することができます。

足元もスニーカーでも可愛いですしブーツやヒールも似合うので
まさにシンプルなアイテムがいかにコーデしやすいかが実感できるアイテムでもあります。

秋のおすすめアイテム②

5分袖トップス&7分丈のパンツのセットアップです。
ストライプと無地の組み合わせはバランス感覚バツグンの
シンプルな鉄板コーデなので都会的でモードなイメージを与えることができます。

この上からコートをさっと羽織るだけでも
おしゃれ度がぐっと上がりますしよっぽど奇抜なデザインでなければ
どんなアウターでも違和感なくコーディネートできると思います。

おすすめのアパレルネットショップ

紹介したアイテムはアパレルネットショップ「Tear Style」で購入できます。

「Tear Style」は年を重ねても上品さはもちろん
可愛らしさと遊び心を忘れない女性に向けたアパレルショップです

働いてるビジネスウーマンも育児に家事に頑張ってるママも
いつまでもきれいでおしゃれを楽しみたいという願いは同じはず。

カジュアルやフォーマルなどの垣根を超えた女性らしさを追求して
洗練されたファッションを取り入れています。

シンプルをベースにトレンドを意識しつつ
自分らしさもしっかり主張できるアイテムを求める人に特におすすめです。

ネットショップ「Tear Style」

スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天