スマホが熱くなって心配…原因はなに?その解決&対処法も紹介!

スポンサーリンク

※この記事は約 4 分で読めます。

スポンサーリンク

スマホが熱を持ちすぎて心配・・・

SNSNをチェックしたりネットショッピングをしようとする時に
スマホがものすごく熱を持ってることないですか?

カイロかなって思うくらいスマホが熱をもって
このまま爆発しちゃうんじゃないかと心配になることもあります。

このまま放っておくとスマホに負担がかかりすぎて
不具合が起こってしまったり・・・スマホが熱いは「危険信号」の可能性ありです!

悪化するとどうなるかというと熱暴走してスマホがフリーズしたり勝手に再起動したり、
最悪の場合いきなり故障することがあります。

そこまでいかなくてもスマホの中にあるバッテリーは熱に弱いので
熱くなりすぎて劣化が早まって充電の減りが異様に早くなることもあります。

「スマホを使い始めてそんなに経ってないのになんかすぐ充電無くなるな」
って感じたことがある人、それはスマホが熱にやられてる可能性が高いってことです。

スマホが熱くなる原因は?

そもそもスマホが熱くなる原因は何なのか?ですが大きく3つに分けられます。

・気温
・バッテリー
・アプリ

気温

①の気温は暑い室内や熱のこもったバッグの中にスマホを置いたり
直射日光が当たっていたりするとダイレクトにスマホが熱くなります。
だからこそ夏場は要注意。

バッテリー

②のバッテリーはバッテリーが劣化すると充電がすぐに減るので充電回数が増えて、
充電と放電を頻繁に繰り返すことでスマホが熱くなってしまいます。

熱を持つとバッテリーが劣化しやすくなりますし
バッテリーが劣化することで熱を持ちやすくなるという悪循環になります。

アプリ

容量が大きかったりして負荷のかかりやすいアプリを使用したり
複数のアプリを起動した状態でいたり、長時間アプリを使っていると
cpuというスマホを動かすエンジンが頑張りすぎて熱を持ってしまいます。

スマホが熱くなりすぎないための解決方法

スマホが熱くなりすぎないための解決方法ですが
熱を持つ原因を見直して改善していけばいいんです。

・気温が高い環境を避ける
・適切な充電をする
・アプリを見直す

気温が高い環境を避ける

できるだけ涼しくて直射日光の当たらない場所にスマホを置きましょう。
どうしても気温の高い環境を避けられない場合は熱のこもりやすい
スマホのケースを外すだけでも熱を逃がすことができます。

スマホケースは衝撃からスマホを守ってくれる頼もしい鎧ですが
ずっと身につけてるとやっぱり暑いので持ち歩かずどこかに置いたり
保管するような状況の時はケースを外すのがおすすめ。

適切な充電をする

私自身もよくやっていたんですが、充電しながらスマホをいじったりしてませんか?
充電と放電を同時にやってしまうとバッテリーに負荷がかかるので控えましょう。
充電する時はスマホをさわらないのが一番です。

アプリを見直す

まず、使わないアプリは削除しましょう。
あとはできるだけ負荷のかかるアプリは利用しないことをおすすめしたいんですが
それが難しい場合は複数のアプリを起動した状態にしないようにするだけで改善されます。

実はホームボタンを押したらアプリは終了する・・・わけじゃないんです。

アイフォンの場合はホームボタンをダブルタップするとこれまで動作してたアプリを
確認することができて、さらに表示されているアプリのページを上にスワイプすると
強制終了することができます。

ちゃんとアプリを終了させていたつもりでも
実はなん十個分のアプリを起動させたままだったっていうのは珍しくないので
定期的にチェックした方がいいです。

さらにおすすめの解決方法

スマホが熱を持ちすぎてなにか不具合を起こしたり起こしそうな場合は
一度スマホの電源をoffにして再起動するのをおすすめします。
電源を切ってクールダウンさせることでスマホを休ませてあげましょう。

ただしそれでも不具合が起きる場合はメーカーに相談するのをおすすめします。
スマホの電源をoffにして再起動はあくまでの応急処置という認識でいた方がいいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天