それって薬物乱用頭痛かも!?鎮痛薬に依存すると悪化する頭痛がある!

スポンサーリンク

※この記事は約 4 分で読めます。

スポンサーリンク

頭痛が引き起こす悪循環


いつも頭痛で悩まされてる人にとって鎮痛薬は欠かせないものだと思います。
私も一時期ひどい痛みが頻発してて、我慢できずに頭痛外来の病院に相談しに行きました。

そこで医師に言われたのは「薬物乱用頭痛ですね」

効きなれない症状にびっくりした覚えがあります。
「薬物乱用」って言葉の響きがもうアブない感じがますし非合法なクスリをやってるって
疑われたのかなってすごく心配しました(笑)

実際は「鎮痛薬の飲みすぎが原因で症状が出る」から薬物乱用頭痛です。

なのでこの薬物乱用頭痛は頭痛持ちの人ほど陥りやすい症状なんです。
特に緊張型頭痛や片頭痛持ちの人は要注意。

ということで今回は薬物乱用頭痛について紹介していきます。
これはまさに「薬は服用しすぎると毒になる」のいい例じゃないかなーと(笑)

薬物乱用頭痛の原因

・朝起きた時点で頭が痛い
・月に数回の頻度で片頭痛が起こる
・月に鎮痛薬を10日以上飲んでいる
・月に15日以上頭痛に悩まされる
・だんだん鎮痛薬が効かなくなってきた
・鎮痛薬を飲んでも前より頭痛が悪化してきた
・頭痛で痛む場所や痛みの程度がその都度変わることがある

1つでも当てはまる人は注意した方がいいですが
中でも特に「月に鎮痛薬を10日以上飲んでいる」に当てはまる人は
薬物乱用頭痛の可能性が高いです(今はなってなくてもいずれなる可能性大)

頭痛が起こるから痛みを抑えるために鎮痛薬を飲むわけですけど
だんだんそれが続いてくると痛くなる前に鎮痛薬を飲んで予防しようとするんですよね…
私がまさにこのパターンで月に鎮痛薬を20日以上は飲んでました。

酷い頭痛を経験するともうあんな経験はしたくないからって怖くなるので
ついつい鎮痛薬を飲みすぎてしまうわけです。

酷い頭痛→鎮痛薬を服用→痛む前から鎮痛薬に頼って服用する回数が増える→
→痛みに敏感になって頭痛が起きやすくなる→薬の効き目がなくなってくる→
→痛みが複雑化して薬が効かなくなる

結果的に鎮痛薬が手放せなくなる状態になると頭痛が起きやすい体質になるんです。

薬物乱用頭痛の治し方

治し方はものすごくシンプルで
「日常的に服用してる鎮痛薬を2ヶ月飲まないようにする」です。

病院で相談した時それだけ…?ってあっけにとられたんですけど
これが実践してみるとけっこう大変でした。

2ヶ月は頭痛が起きても鎮痛薬飲めないので
片頭痛が起こってひどい痛みや吐き気に襲われたときは病院から処方された
鎮痛薬以外の薬を服用してやりすごしました。

私がもらった薬は鼻に直接薬をシュッてするタイプの薬でものすごく苦かったです(笑)
いかに自分が鎮痛薬に依存してたのかを痛感しましたね。

薬に頼る以外の頭痛を和らげる方法としては
光や音の刺激を避けて、暗い静かな場所で横になって休むのが良いです。
横になれない場合は椅子に座って安静にするだけでも効果があります。

五感を強く刺激するもの(強い光、大きな音、匂いの強いものなど)は
頭痛を引き起こしたり痛みを悪化させるので頭痛がひどい時は安静にしておくのが一番。

あとは痛む部分に冷却シートや冷たいタオルなどを当てて冷やすようにすると
血管が収縮されて痛みが和らぎます。

カフェインが入ってる飲み物を飲むと頭痛が楽になることもありますが
飲み過ぎると逆に頭痛を起こすこともあるので要注意です。

最初の1~2週間を鎮痛薬飲まずに我慢すると
それから見違えるくらい頭痛が起こる頻度が減ってかなり楽になりました!

それ以来はあんまり乱用しすぎずに本当に酷い頭痛の時に
服用する回数を減らすことを意識して鎮痛薬を服用するようにしてます。

・痛む前から予防的に鎮痛薬を服用しない
・鎮痛薬の服用は月に10日以内におさえる
・主成分が単一の鎮痛薬を選ぶ

この3つを守ってうまく鎮痛薬を服用していれば薬物乱用頭痛にならずに済みます。
月に何回鎮痛薬を服用するかちゃんと把握できてない人には頭痛ダイアリーをつけて
月に何回鎮痛薬を服用したか記録するように心掛けるのがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天