デートは男性任せにしない!成功させるには下準備と計画が大事!

スポンサーリンク

※この記事は約 4 分で読めます。

スポンサーリンク

デートを相手任せにしない

デートで失敗したことはありますか?
気合いを入れて頑張ってみたのに相手の反応がいまいちで微妙な感じで
デートが終わってしまった…なんてことを経験した人は少なくないと思います。

そもそもデートしたことがない!っていう人もいますよね。
初めてのデートでなにか大きな失敗をしてしまったらどうしようなんて悶々と
考えてしまって必要以上に緊張してしまったり。私はこのパターンでした。

緊張しすぎて相手に気を遣わせてデートの途中で帰ってしまったこともあります(笑)

いろんな失敗を繰り返して今があるので今思い返してみれば
いい思い出だなって思えるんですけど当時は自分がすごく情けなくて
できることなら致命的な失敗はせずに好きな相手と進展していきたいですよね。

相手とデートの約束をとりつけるまでがゴールじゃなくてちゃんと当日楽しく
過ごせるようになるのが目標です。基本的にはそうやってデートを繰り返して
相手との距離を縮めていくものなのでデートは避けては通れません。

普通は男性がデートの計画を立てるものだって思う人もいるかもしれませんが
相手に計画してもらってばっかりだと関係がマンネリしてしまいますし
お互いがお互いのことを思ってデートをする方が良好な関係を築けます。

そしてデートで失敗しないようにするために大事なのは下準備です。

デートに慣れてる人にとってはそうでもないかもしれませんが
全然慣れてないどころかそういう経験が浅い人は下準備はしておいた方がいいです。

行き当たりばったりで計画を立てて、デート当日想定してなかったことが
起きた時に頭が真っ白になって致命的な失敗をしてしまうなんてことになったら
それを挽回するのはけっこう難しいと思います。

デートはどこに行くかも重要ですけど、
どういう風に振舞うかも相手はよく見てます。

全然デートしたことない人でも下準備をしっかりしていれば
不慣れな人でも十分に達成できます。

よくあるデートの失敗談としては

・目的地のお店がデート当日は休業日だった
・道に迷って必要以上に時間をロス
・予想以上に時間が余って計画が狂う

などなどですね。映画とかを観に行ってその後の予定を立ててなかったから
時間を持て余して気まずい思いをしたなんていうのもデート失敗あるあるです(笑)

デートの下準備をしていれば防げることはたくさんあるのに
よりによってデートが不安だって不慣れな人ほど準備不足で失敗することが多くて
皮肉だなと思います。備えあれば憂いなしですよ!

デートの下準備はなにをすればいい?

まだ慣れないはじめのうちは食事デートをおすすめします。

食事デートだと会う時間はだいたい3時間くらい前後で
ご飯を食べながらゆっくり相手とコミュニケーションをとれるので
親密になりやすい環境をつくれるんです。

いきなり最初から長い時間を過ごすと緊張しすぎてしまいますし
少し会って食事するくらいが「また会いたいな」って思ってもらえやすいです。

そしてデートは「いつ、どこに行って、どう過ごすか?」を話し合いながら
決めていきますけど、食事デートは好みの食べ物をきいてそれをお店選びに
反映するだけでもある程度相手の満足度を確保できます。

デートの下準備で大事なこと

食事デートを例に紹介していきますが、日程や目的地(お店)が決まったら
実際に事前にその目的に足を運んでみた方がいいです。

食事デートだと特に店の雰囲気がどんな感じなのか、味は美味しいかを確認して
予想してたものと違うっていう感じにならないようにするのが理想的。

時間がなかったりして実際に足を運べない場合は
ネットなどでできる限り調べられることは調べておいた方がいいです。

下準備のチェックリスト

具体的になにを調べた方がいいのかというと、

・目的地の場所
・営業時間と休業日
・目的地の場所の雰囲気(店内など)
・目的地までのルート(そこに到着するまでの所要時間)

この辺りは最低限しっかり調べておいた方がいいですね。
食事デートではなく映画デートとかの場合は、場を繋げられるように
軽くお茶できる場所なども目的地付近にあるか調べるのもおすすめ。

ちょっとしたカフェや喫茶店は
「この後どうしようか?ご飯食べるのはまだ早いし…」みたいな状況の時に
時間をつぶせる便利な場所なので詳しくなっておいて損はないですよ。

目的地周辺の状況を知るなら「グーグルアース」を使うのもかなり便利です。
住所を検索すれば衛星写真でその場所の状況がわかるので、ここにこんなお店が
あるんだなーとか勉強になりますね。

下準備でしっかり自信をつけてデートに挑んでみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天