片想い必見!気になる男性を好きにさせるための恋愛心理テクニック!

スポンサーリンク

※この記事は約 4 分で読めます。

スポンサーリンク

男心を見つめよう

「女心と秋の空」なんてことわざがありますが
男心も変わりやすくて全然わからないなーって女性視点で思うことがよくありますよね。

恋愛に対して奥手になったりうまく成就しないのは
相手が何を求めて何を考えてるのかその心理がわからないからです。

「自分のことを分かってほしい」「もっと自分を見てほしい」と強く思うなら
その分相手のことも知って見つめてお互いの理解を深めないといけません。

だから今回は男心についていろいろと紹介していきたいと思います!

好きをアピールする

男性は女性よりも前向きに相手の好意を感じ取りやすいとよく言われていて
実際に男友達に聞いてみても「あの子はもしかして自分のことが好きなんじゃ…」って
期待して勘違いすることが結構あるって言ってました(笑)

女性は割とそういう部分には慎重ですよね。
男の人は舞い上がって相手を意識する傾向が強いので
好意はしっかりアピールしていった方がいいです。

見つめる・目を合わせる

瞳はその人の心の鏡というくらいなので視線はやんわりと気持ちを伝えるには
すごく大事なポイントです。好きな人のことは目で追ったりしますけど
相手にもそれを自覚してもらえるように意識して見つめましょう。

ただしじっと凝視しすぎるとあからさますぎますしかなり不自然なので要注意。
長くても見つめたり目を合わせるのは2秒以内にするのがベストです。

ある程度仲が良くて相手も自分に気を許してる場合は
目が合った時に笑いかけるとより効果的。ちょっと照れてはにかむ感じで笑ったり
からかう感じでいたずらっ子みたいに笑ったり自分に合った笑顔を作りましょう。

興味のない相手の話を聞いているときはあんまり目を合わせないですけど
好きな相手の話を聞いているときは目を見る時間が長くなるっていう傾向があります。

人と目を合わせるのが苦手っていう人もいるので一概には言えないですけど
そういう人でも相手が自分のことを見てないと思ってる時に
じっと見つめてることが多いので気になる相手の視線にも意識する方がいいです。

ボディタッチ

相手に触れるっていうのはパーソナルスペースに踏み込むことになるので
これもすごく重要なアピールになります。

会話の中で相手の肩にさわるのが一番自然で無難なので
まずはそこから始めていきましょう。

あんまりべたべたさわるとあからさまに誘ってるような感じになってしまうので
あくまでも節度をわきまえて軽くさりげなく触れることが大事です。

男性が女性にボディタッチするのはかなりハードルが高いですけど
女性からのボディタッチはむしろ歓迎される場合がほとんどですし
「もしかして俺のこと好きなのかな…」って思ってもらいやすい一番の方法です。

誰にでもボディタッチする小悪魔系の可愛い女の子に
その気になって好きになるけど相手には全然意識されてなかったっていう
男性の話をちょくちょく聞きますけどそれくらいボディタッチは威力があります。

メールやラインなどでハートをつける

直接話すのはもちろんメッセージのやりとりをすることで相手との距離を近づけるのも
必要なコミュニケーションなので文面でアピールするのも大事になってきます。

絵文字や顔文字を過剰に使うのが必ずしもいいとは限らないですが
要所要所で語尾にハートマークを付けるだけで好感を持ってることを相手に伝えられます。

「次の飲み会楽しみにしてます♡」
「今日連れて行ってくれたお店すごく美味しかったし楽しかったです♡」

みたいな感じで相手に期待を寄せてる時や相手に対する評価を伝える時に
ハートマークをつけるとより効果的です。

相手のコンプレックスを褒める

自分のコンプレックスができるだけ見せないように隠しておきたいですよね。
だからこそあえて相手が気にしてる部分、自信がない部分を褒めるのは重要です。

例えば、人見知りで口下手な人なら「話さなくても一緒にいて落ち着く」など
相手のコンプレックスを逆手にとってポジティブに変換させましょう。

コンプレックスを認めてくれる存在はそれだけで特別ですし
自分のことをよく見てくれてるって思ってもらえる最大のチャンスにもなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天