【年の差恋愛】年上女性必見!年下男性に好かれるための恋愛のコツ

スポンサーリンク

※この記事は約 5 分で読めます。

スポンサーリンク

年の差にひるまない

若い子と仲良くなりたいっていう願望は、自分が年を重ねれば重ねるほど
なかなか実践しにくいですよね。

年下の男性とお近づきになりたいけど世代が全然違うから
何を話したらいいのかよくわからないし相手を退屈させたらどうしよう…

年上の女が年下の子にときめくなんてはしたないって感じで
気おくれする気持ちも出てくるかもしれないですけど
年下の子と仲良くなりたい気持ちは恥ずかしいことじゃありません!(笑)

(未成年ならアウトですけど)気になる相手が年下でも
臆さずにチャンスを掴んでいくべきだと思います。

会話のキャッチボールや話題作りっていうのは人間関係の基本ですが
年の差のコミュニケーションだと余計字大事になってきます。

自分が同世代ならまだしも年齢を重ねてくると10代20代の男性って
なんかもう未知の存在ですよね(笑)なに考えてるのか全然わからない。

同世代だったとしても異性と接する機会が少ないと同じように感じますけど
何を話して盛り上がればいいのか戸惑ってなかなか前に進めなくなります。

年下の男性に対して苦手意識が生まれる根本的な原因は
自分自身のコンプレックスから生まれるものではあるんですけどもっともっと
突き詰めていくと「自分じゃ相手を満足させられない」に行き着きます。

こんな自分と話しても相手は楽しんでくれない。
こんな自分と一緒にいても相手は喜んでくれない。
こんな自分と積極的に関わってくれる人なんてほとんどいない。

悪循環ですよね。
こんな自分と…っていう風に思い始めるとそれが無意識のうちにも考えが
根付いてきてどんどん抜け出せなくなっていきます。

未知の世界に足を踏み入れるのは怖いですよね。
同じように年下の男性が何を考えてどんな話をしたら喜んでもらえるのかわからないと
拒絶されたときに自分が傷つくのがすごく怖いです。

最初は何もわからなくてだたとにかく気になる相手に話しかけては
撃沈してたんですけどだんだん失敗を繰り返していくうちにコツがつかめてきて
コミュニケーション術が身についた感じですね。

世代が違っても盛り上がれる話題はいくらでもある

自分とちょっと違う世代なんだなってわかった時点でまず話が合うかな?って
心配になると思います。そう思うことはむしろ良いことで、相手の気持ちを
考えることはすごく大事なことですしコミュニケーションの要です。

何の疑問もなく自分の話したい話題だけを一方的に話しちゃうのが
一番まずいですしそういう人は世代関係なく出会いのチャンスを逃してしまいます。

なのでまずは自分が質問して相手の話をたくさん引き出すようにしましょう!

自分はこういうものが好きでこういう趣味があって…っていうのを話すのも
大事なことなんですけど一番最初にやっておいた方がいいのは
「わたしはあなたに興味があります」っていうのを伝えることです。

そのために相手の話をきく、引き出していくのがポイントになります。
男女問わず好感を持たれる人っていうのは
相手のの話を聞いて受け止めてあげられる人
です。

若い子との話題作りで大事な2つのポイント

それで肝心の年下の男性と仲良くなるための話題なんですけど
恋愛・進路の2つを攻めていけばとりあえず話題には困らないです。

恋愛

これはもう世代を問わず積極的にしていきたい話題ですね。
軽い感じで「彼女はどれくらいいないの?」っていう導入から
過去の恋愛話を引き出してだんだんと相手の恋愛事情を聞き出していきます。

恋愛の話題で大事なのはその人が過去にそんな恋愛をしてきたのかとか
どういうタイプに惹かれるのか、っていうことを知るためにもとても大事です。

例えば浮気などでこれまで幸せな恋愛をしてきてない人だったり
別れたばっかりでさみしいっていう人だったら、ガンガンやさしくしていけば
早い段階で心を開いてくれることが多いです。

それに恋愛の話題は「〇〇ちゃんはすごく魅力的だよね」とか
「これまでの彼女ははもったいないことしたよね」とか便乗して相手を褒めながら
間接的にアピールすることもできます。

いきなり直接的にアピールするのはハードルが高いですし相手も引いてしまう場合が
ありますけど、女性として魅力的だって褒められて嫌な思いをする人はほとんど
いませんし結果的にスマートにアプローチできるのでかなり便利です。

進路

進路っていうのは将来の話ってことですね。

社会人なりたてだったり仕事にまだ慣れてない人だったら
「今後何かしてみたいこととか目指してることはある?」っていう話題を振ってみてください。

明確に何か目標がある子もいれば特に何も考えてない子もいるんですけど
どちらにも共通することはこの話題から相手の相談に乗りやすいんです。

「〇〇になるためにこういう勉強をしてる」みたいな前向きなことを
相手が言った場合は「時間のやりくりとか結構大変そうだよね」って、頑張ってる
過程でちょっとつらいこととかないかを探ってみます。

「たしかに仕事もしてるから勉強の時間を確保するのは大変」的なことを
相手が言って来たら「それでもちゃんと頑張ってるのはすごいことだし
なかなかできることじゃないと思うよ」って感じで持っていくのが理想的ですね。

つまり、前向きなこと後ろ向きなことどっちを言ってきたとしても
相手がつらいと思うことを話の流れで引き出して相手の相談に乗る形をとって
「それでも頑張ってるあなたはすごい」って最終的に褒めてください。

まとめ

とにかく質問して相談に乗って褒めましょう!

相手の意見を強く否定せずに受け入れることが大事です。
ここでちょっと注意なのが上から目線にならないように気を付けてください。

あくまでも包容力のある人なんだなっていうのをアピールすることがポイントに
なってくるので相手を思いやりながらコミュニケーションをとっていきましょうね。

スポンサーリンク
おすすめのアパレルショップ

おすすめの秋コーデ

秋冬は重ね着ができるのでファッションのバリエーションが増えますよね。

ただ、トレンドを取り入れながらおしゃれなコーデを考えるのが難しい…
バランスの取れた色の組み合わせというものがいまいちよくわからない…

そういう風に思っておしゃれに後ろ向きになる人も多いと思います。
ファッションはバランス感覚も大事なので
そこにハードルの高さを感じることもありますよね。

でも基本を押さえてさえいればおしゃれ度は一気に上がりますし
コーデも楽しくなります。

おしゃれの基本というのは「シンプルなアイテムをベースにする」です。

例えば柄もののシャツに柄もののスカートを合わせると
どっちも柄ものなのでバランスが悪いですよね。

シンプルとシンプルの組み合わせであればどっちも主張しすぎずに
ほど良いバランスが生まれます。

もちろん全身柄ものでもおしゃれな人はいますが
それは上級者向けでなかなか真似できることではありません。

あとは柄もののワンピースなどそれ一枚でコーデが成立するものは
小物でシンプルなものを選ぶとおしゃれ度が上がります。

だからこそベースはシンプルなアイテムで、
メリハリや強調したい時に柄もののアイテムをすこし取り入れるのがベストです。

「シンプルイズベスト」という言葉がありますが
本当にその通りでシンプルなアイテムは着回しがしやすくて
バランスの良いコーデが組みやすいんです。

だからまず今日はなにを着よう?と思ったら
シンプルなアイテムをベースにして考えていくのがおすすめです。

年を重ねていくと派手なものは自分に似合わないんじゃないかと
思うことも増えてきますよね。いくつになってもおしゃれを楽しむことは大事ですし
シンプルをベースに置けば派手なアイテムも違和感なく着こなすことができます。

秋のおすすめアイテム①

ゆったりとしたサイズ感のマキシ丈ワンピースです。
これ一枚でもおしゃれなシンプルコーデが成立します。

ピアスやネックレスなどのアクセサリーでインパクトのあるデザインを取り入れれば
目線誘導ができてナチュラルに強調することができます。

足元もスニーカーでも可愛いですしブーツやヒールも似合うので
まさにシンプルなアイテムがいかにコーデしやすいかが実感できるアイテムでもあります。

秋のおすすめアイテム②

5分袖トップス&7分丈のパンツのセットアップです。
ストライプと無地の組み合わせはバランス感覚バツグンの
シンプルな鉄板コーデなので都会的でモードなイメージを与えることができます。

この上からコートをさっと羽織るだけでも
おしゃれ度がぐっと上がりますしよっぽど奇抜なデザインでなければ
どんなアウターでも違和感なくコーディネートできると思います。

おすすめのアパレルネットショップ

紹介したアイテムはアパレルネットショップ「Tear Style」で購入できます。

「Tear Style」は年を重ねても上品さはもちろん
可愛らしさと遊び心を忘れない女性に向けたアパレルショップです

働いてるビジネスウーマンも育児に家事に頑張ってるママも
いつまでもきれいでおしゃれを楽しみたいという願いは同じはず。

カジュアルやフォーマルなどの垣根を超えた女性らしさを追求して
洗練されたファッションを取り入れています。

シンプルをベースにトレンドを意識しつつ
自分らしさもしっかり主張できるアイテムを求める人に特におすすめです。

ネットショップ「Tear Style」

スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天