気になるあの人と進展するための会話が弾む話題テクニック!

スポンサーリンク

※この記事は約 5 分で読めます。

スポンサーリンク

話題作りはコミュニケーションの要

気になる相手とコミュニケーションをとるとき、
なにを話したらいいかわからないっていう悩みを抱えてる人ってけっこう
多いと思います。私もそうでした。

特に異性に対してあまり耐性がない人、人見知りで話すと緊張するとか
仲良くなりたいけど苦手意識があるっていう場合だとそれが顕著になります。

簡単に言えばモテない系の人ほど話題づくりが苦手!

私自身、全然モテなくて男性と目を合わせて会話するのがかなり厳しいくらい
コミュニケーションが全然とれないような感じでした。

でも会話のキャッチボールをこなさないとお互いのことを知ることはできないですし
進展しようにも停滞するばかりで前に進めないですよね。

逆にある程度会話が弾めばそれだけ相手とも親密になれるので
「もっと一緒にいたい」「次もまた会いたいな」って思ってくれて
安定した関係を築きやすいんです。

会話のキャッチボールは自分自身の大きな武器になります。

ぶっちゃけそんなに見た目は美人っていうわけじゃないけど
出会いに事欠かなくていつも周りに人がいる人っていますよね(笑)

会話がうまい人は出会いに困りません。それくらい重要です。
じゃあ気になる相手とうまく会話するにはどうしたらいいか?

会話をするには話題が必要です。

なので今回はLINEやメール、デートの時に使える話題ネタを紹介していきます。
会話のキャッチボールが上手くできるようになりましょう!

会話を弾ませる上で大事なポイント

自分の話ばかりする人、特に自慢話が好きな人は
男女問わず人から煙たがられてしまいます。

「自分ははこんなにすごいんだぞ!」なんてよく知りもしない人から
アピールされても「ふーん、あっそ」って感じになりますよね(笑)

残念ながら年をとるにつれて昔はこうだった系の話をしちゃいがちなので
よくおじさんが女の子に嫌がられる原因はこういう部分にけっこうあります。

でもこれって女性でもよくやりがちなんですよね…(笑)
特にあるあるなのが自分が持ってるものの自慢です。ブランドものとか。

あとは「男の子にこんなふうに言い寄られた」っていうモテ自慢や
趣味に関する深い知識を延々と披露してみせたり。

自分についてアピールするのはたしかに大事なことですが
対して興味も関心もないことを自慢交じりで話されても退屈です。

まずは「あなたのことが知りたい」ってことを伝えた方が
相手は心を開いてくれやすいですし進展もしやすいです。

なので自分の話ばかりせずにしっかり相手の話を聞いてあげて
基本的に肯定して・受け入れて・誉めるを徹底するようにしましょう。

自分の話をするのは相手から自分に興味を持ってもらって
打ち解けてきたかもっていう手ごたえを感じてからの方が効果的です。

仲良くなれる話題のネタ

自分が聞き役になるといってもまずは話題を提供することが大事ですし
どんな話題でもいいというわけではありません。

天気の話題とかって場を持たせるためによくやりがちですけど
あれほど不毛で意味のないやりとりってないですよね(笑)

話題ネタとして大事になってくるのは

・掘り下げて話を広げられる
・相手にまつわるパーソナルな情報を得られる

基本的にはこの2つが入ってるものが理想的です。

会話のキャッチボールの流れ

鉄板ですが相手の好きなものについて質問するのが
「あなたに興味がある」っていうのを一番伝えやすいです。

それに好きなものについて話すのは楽しいですよね。
自分の好きなものを他の人にも興味を持ってもらえたら共通点が増えますし
気持ちを分かち合えたっていう実感もわいてきます。

たとえば趣味がサッカー観戦の人なら

・応援してるチームは?好きな選手は?
・いつから応援してるのか?
・自分自身も部活でサッカーをやってたのか?

みたいな感じです。ここで大事なのは連想ゲームみたいに
質問して返答してもらったらそこからどんどん話を掘り下げていきましょう。

もし相手が好きなものが自分が全然知らないものだったら
その分からないことを相手に質問すればいいんです。

わからないことを教えてもらうスタンスっていうのは自然な流れで
聞き役にも徹することができるのでむしろチャンスになります。

ただし、全然興味がないっていうリアクションをとらないようにしましょう!

相手の趣味に全然関心が持てない場合はあからさまに退屈な反応をせずに
やんわりと会話を切り上げて他の好きなものの話題を掘り下げて行くのがいいです。

困った時の話題ネタストック

・はまっている趣味
・食べ物の好き嫌い
・好きなタイプ
・苦手なタイプ
・ぐっと来る異性の仕草
・理想のデートプラン
・仕事のやりがい
・仕事でいやなこと
・職場の人と仲がいいか
・勤務形態(休日はいつか など)
・今の仕事をやってるきっかけ
・部活はなにしてたのか
・どういうタイプの子どもだったのか

掘り下げやすい話題っていうのは
相手のパーソナルな部分にふれる話題の場合が多いです

例えば食べ物の好き嫌いなら

食べ物の好き嫌い→家庭の味とか料理ってなにがある?→料理はするか?→
そもそも家事は得意?→掃除や洗濯は?→一人暮らしなら何歳から?

などなどどんどん話題を広げていけますし相手の事も知ることが出来ます。
会話が弾むっていうのはいかに話題を掘り下げていけるかに繋がります。

ただし、いきなり個人的すぎる話題はふれないようにしてください。

別れた恋人に未練があるかどうかとか家族とはうまくいってるかとか
もし問題を抱えてる場合は簡単に人には話したくない話題なので
心を閉ざして警戒される場合もあります。

それにそもそも知り合ったばかりの人に自分のことをあれこれ話すことに
抵抗がある人もいますし、最初は軽めの質問から相手の様子をうかがって
打ち解けはじめたら徐々に深堀りしていくようにしましょう。

会話の中で相手を褒めよう

そして話題を掘り下げつつプラスアルファで相手を誉めましょう!

食べ物の好き嫌いの流れから相手が料理をするのがわかった場合なら、

「家庭的な人ってすごく素敵」「自立してて安心感がある」「美味しい料理を
作ってくれそうだからあっという間に食べたら胃袋掴まれちゃいそう」などなど。

自分の魅力を見つけてもらって言葉にしてもらえるとすごく嬉しいものですし
「好意的に自分を受け止めてくれている」っていう安心感を与えることもできます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天