【車検】初めての車検!いくらかかるの??どこのお店がいい??

スポンサーリンク

※この記事は約 4 分で読めます。

新車を購入して3年後に車検が必要になります。いくらかかった?どこのお店がいい??
私の実体験を書いていきます!


スポンサーリンク

どうして車検が必要なの?

まず、自分の愛車はいつ車検が必要なのか再確認しましょう。
車検証に【有効期間の満了する日】という欄があります。そ:\の日までに車検が完了していなくてはなりません。例えば4月25日なら、4月25日までに車検を!もしも車検を行わず公道を走った場合、道路運送車両法の【無車検車運行】違反になります。
じゃあそもそも、どうして車検は必要でしょう
公道で自動車を走らせるためには、その自動車が国の定める安全基準を満たしていることが必要になります。
また、走行することで使用期間の経過等により構造・装置の劣化、磨耗がおこります。
自動車を安全で公害をもたらさない状態に維持するためには、自動車の使用者が自らの自動車の保守管理をきちんと行い、定期的な点検・整備を行うことが必要であり、これらは、使用者の社会的責務と言えます。
しかし、自動車1台1台の使われ方や、ドライバー1人1人の自動車への考え方がさまざまであることから、個々の自動車が保安基準に、適合することを確認するのが「自動車検査」であり、これを一般に「車検」(検査)と呼んでいます。
これらは、「道路運送車両法」に規定されています。

どうして車検は高い?

それは整備士のプロに頼むから
道路運送車両法の安全・環境基準をその車が満たしているかを整備士に検査してもらい、定期点検費用や点検によって発見された不具合の修理・整備の費用まで加算されるからです。
道路運送車両法に適合しない場合(そのままでは車検が通らない場合)はもちろん整備する必要がありますが、それに加えプロに依頼した場合は予防的な意味合いの点検や整備が含まれる場合が多いので費用が膨れ上がっていきます。

私はここにした!

私が車検を決めたところはオートバックスです。
まずホームページに記載していたフリーダイヤルに電話。
コールセンターのお姉さんに『初めての車検』と『車種』を伝え、一番近いオートバックスでお見積りを出してもらいました。
お値段は55,700円!さらに2か月前から予約すると5000円引きだそうです。
分からないことを優しくコールセンターのお姉さんが優しく教えてくれたのでとても気持ちが良かったです。
大体の値段を教えてもらったあと、そのまま店舗に予約できるから便利!
しかも、車検当日は朝お店に預けて夕方には終わるというスピードが速いです!
私の場合は代車について聞きたかったのでフリーダイヤルの後、お店に電話しました。
お店の方が「しっかりと見積りを作成したいのでお時間がある時に来店してください」と。
なのでお昼にオートバックスへ行きました。

来店見積りでもっと安くなった!

さて、オートバックスへ来店するとさっそく自動車整備士さんが簡単に車の状態をチェックしてくれました。
簡単っといっても車をリフトに乗せてまさに本格的!
宙に浮かぶ愛車を見て思わず「オ~」と声が出てしまいました。
そして約20分後見積りが完成。
お値段が4万円ちょっと!電話で聞いたお値段よりさらにお安くしてもらいました。
エコカー減税のおかげと、オイル交換など整備関係は親戚に頼むつもりだったので
「車検を通すだけ」というお願いをしたらこのお値段で済みました!!
しかもリフトや簡単な点検をしてもらったのに今日かかった金額は0円です!
初めての車検でドキドキしていましたが、とても良いお店でした。

車検の時に必要な書類

最後に車検で持っていかなくてはならない、必要な書類を教えます。
基本的には車検証と自賠責保険証が必要になりますが車に乗せていることが義務付けられているので大丈夫かと思います。
ご注意してもらいたい書類が納税証明書です。
軽自動車の場合はお近くの役所や出張所で発行してもらうことになります。
私も整備士に教えてもらって初めて知りました。
紛失した場合は管轄の都道府県の税事務所で再発行を受けます。

まとめ

とにかくわからないことはオートバックスのフリーダイヤルに電話しましょう。
車検は私たち運転する人、歩行者、一緒に乗る家族の命を守る大切な責務です。
車検がどんな感じだったのか今後お知らせしていきます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天