【熊本】熊本のお米が美味しい!【食べて復興支援】

スポンサーリンク

※この記事は約 5 分で読めます。

4月になり、新年度が始まりましたね!そして間もなく熊本地震から1年が経とうとしています。
私は、引っ越しをする直前に熊本地震で被災しました。当時、住んでいたところが益城町の隣である東区だったので、今まで体験したことない大きな2回の地震は生きた心地がしないくらい怖かったです。
3月に、震災後初めて阿蘇へ行きました。阿蘇へ行くときにいつも通ってた国道57号線が通れずミルクロードへう回しましたが、長期にわたり4車線工事を終えたばかりに通れなくなったと考えると、胸が痛くなります。
さて、前置きが長くなりましたが今日は阿蘇の美味しいお米を紹介します。
生産者が愛情をこめて作ったお米。食べて復興のお手伝いしませんか??

スポンサーリンク

おススメ熊本のお米

♡コシヒカリ

人気、生産量にともに日本一位のお米。東北を中心に作付けされている日本を代表する品種ですが、標高の高い阿蘇地方は日中の寒暖の差により米の味が引き締まり、さらに阿蘇山から流れ出る豊富な天然水を稲作に使用することにより、山形県や新潟県と同じように美味しいコシヒカリができます。濃い味と強い粘りが特徴です。

♡森のくまさん

2012年食味ランキング1位、初登場以来5年連続「特Aランク」のお米。「ヒノヒカリ」と「コシヒカリ」を交配して作られた品種です。 稲の姿は、茎が少し柔らかく、やや細身で葉が立っており、穂に籾がたくさん付きます。籾の色は黄白で熟れ具合もとてもきれいです。 米粒は、スリムな姿をしており、粘りがあるのが特徴です。

我が家はいつも森のくまさんを食べています。早炊きしても芯がしっかりとしてモッチリした触感。
冷めても美味しく食べられます。特Aランクをとったのにお手頃価格で購入できるのでお財布にも優しいお米です。

♡ヒノヒカリ

関東以北ではあまり知られていないのですが、九州地方では「コシヒカリ」を抜いて最もポピュラーなお米。「コシヒカリ」と「黄金晴」を掛け合わせて平成元年にできた品種です。「コシヒカリ」ほど味が濃くないのでどんなおかずにも合い、粘りもそれほど強くなく、どんなメニューでも良く合う万能選手です。

♡ミルキークイーン

「コシヒカリ」を改良した低アミロース米の代表格。うるち米の中でも、より「もち米」に近い品種と言えます。他のお米との相性がよく、ブレンドしてもお互いのいいところを引き出す「魔法のお米」と言われています。炊飯した時に「もち米」のような香りで、モチモチとした触感、冷めても味や粘りは炊いたときのままの旨みを味わうことができます。

お米大好きな主人が美味しいと絶賛し、購入しました。甘みがありモチモチして美味しいです。
冷めても美味しいと話題で、人気急上昇中の品種です。

お米のお供

こちらも購入して!食べて!復興支援!美味しいご飯のお供を紹介します。

☆阿蘇高菜

阿蘇高菜の特徴は標高500~600メートルの高冷地特有の気候や火山灰質の土壌など、阿蘇の風土がこの地ならでは。シャキシャキとした歯ごたえとピリ辛の味付けてご飯が進みます♪

☆御飯の友

ふりかけの元祖が「御飯の友」ってご存知ですか??熊本の薬剤師吉丸末吉氏が100年ほど前に考案し、今でも熊本県民に愛されているふりかけです。魚のうまみが凝縮され一度食べると病みつきです。

☆有明海苔

天草の海はとてもきれいで、そこで自然たっぷりに育った海苔です。おにぎりにも、おつまみにも美味しいですよ!

まとめ

いかがでしたか??阿蘇のお米は水、空気、気候と素晴らしいところで育っているので
甘みがしっかりとして、粘り気もありとても美味しいです。遠くに住んでいてもネットで購入してぜひご賞味し、
復興のお手伝いをしていただければなと思います。
また、熊本にも一度お越しになってみませんか?今しか見れない熊本城や復興記念にラッピングされているワンピース電車など沢山ありますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
楽天

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
楽天